HOME | コンセプト

HOME | コンセプト

豊かな森と川は私たちの財産

環境負荷の少ないシンプルな旅を

自然と暮らしを繋いできた歴史

自然と暮らしを繋いできた歴史

芦生山の家を運営するのは、有) 芦生の里( 旧 なめこ生産組合 )です
芦生はもともと林業の村で 海外の安価な材木の流入による国産材の
価格崩壊から林業以外での生き残りを考え 1963年になめこ生産組合を設立し
なめこや椎茸の生産と加工を開始しました
山菜や獣肉を使った加工品の販売も行うなど地場産業の先駆的な事業となり
多くの雇用を生み出す産業となりました

しかし1967年 芦生にダム建設の計画が発表され
芦生の営みや、自然に大きな危機が迫り
(芦生の自然を守り生かす会)が発足しました
芦生のダム問題と対峙する、大変な時代がありましたが
自然は破壊されることなく、現在まで守られています

芦生山の家は この様な背景のもと宿泊業や体験ツアーを通して
先人たちが守り繋いでくれた自然を次世代へ繋ぐ役割を
担っていると考えています

 

館長 今井夫妻

ご挨拶

芦生山の家をお選び頂き誠にありがとうございます
芦生の四季を楽しんで頂き、食事には地鶏、椎茸
地元の野菜、夏には鮎、牡丹鍋など地域の食材を
できるだけ食べて頂けるように努めています。

大切な芦生の自然、これからも守り続けたいと思います。

みなさま是非足をお運びください
 

今井夫妻

芦生山の家の特徴

奥山を楽しんで頂くために

芦生山の家にあるもの

・豊かな森と清流を楽しめる1日体験ツアー
・ご家族にお勧め プチ自然体験ツアー(お泊まりの方限定 現在準備中)
・バリアフリー設計で車椅子対応の館内
・AED・公衆電話・フリーWifi(エントランスホールのみ)          
・美味しい空気・森が育む水
・芦生の自然で育ったきのこや、山菜他、美山町の自然が育む食財たち
・清流に住むカジカ蛙の優美な鳴き声、鳥や虫たちの歌声
・谷の切れ間を照らす月明かりや星の瞬き蛍の灯り
・木の温もり
・人の温もり

 
わさび
アカショウビン

芦生山の家にないもの

・車の騒音
・テレビ
・自動販売機
・コンビニ
・カラオケ
・温泉
・居酒屋
・プール
・過度なサービス